ケトン+3 転院までの道のり

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふにパン
ふにパン

こんにちは、ふにパンです

今回は、最初の婦人科から総合病院に転院した話をしようと思います。

妊娠発覚後、どこの産婦人科に行こうかすごく悩みました。

家の近くには、徒歩20分圏内に、大学病院、総合病院、個人産婦人科、婦人科がありました。

何かあった時怖いから、大学病院にしようと思いましたが

紹介状なしで受診すると時間がかかると思い、一番近くの婦人科を受診しました。

そこの先生は女の先生でした。

つわりが心肺を確認する前の、妊娠5週目から始まり、水も飲めなくなっていました。

先生に水も飲めず、歩くのもしんどいこと、休暇を取っていることを相談したら

すごく叱られました。

『妊娠は病気ではない!』と言われ

点滴をして仕事をするように言われました。

正直、意識も朦朧としていて、とても働くことなんてできない状況でした。

その日の尿検査では、ケトン+3出ていましたが、そのまま帰宅‥。

家に帰り、友達や旦那に相談‥。

ケトン+3は入院レベルだそうで、病院を変えることにしました。

最初の婦人科に紹介状を書いてもらうのも、嫌だったので

紹介状が無くても受診してくれる、総合病院に次の日行きました。

そこは、先生が4人居て、どの先生に見てもらっても良いシステムでした。

事前に調べていなかったので、すぐに見てもらえる先生をお願いしたら

たまたま院長先生に見てもらえました。

先生は、すぐに診断書を書いてくれて

入院のことも、お金がかかるから家族と相談して決めたら良いと

金額やシステムにして説明してくれました。

その日は、栄養剤が入った点滴と、水分補給の点滴2本打って帰宅しました。

病院によって、かなり対応が違うことに驚きました。

仕事をサボりたいわけではなく、本当に体がしんどくて動けないのに

診断書も書いてくれない病院があるなんて‥。

もし、他の方で、つわりで苦しんでいて

お医者さんが寄り添ってくれない方だったら、転院をオススメします。

近くに病院がなくて、転院ができない方もいるかもしれませんが

無理して体を動かすと、ストレスになってしまいます。

つわりは人によって大きく違うので

人とは比べずに、他の病院や、行政にも相談した方がいいと思います。

私は、保健所にも相談しました。

違う産院を紹介してもらったり

お願いしたら保健所の人が診断書を書くように、先生に話してくれます。

お一人で悩まず、赤ちゃんのためにも無理をしない、マタニティライフを送って欲しいです。

生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
٩ 記事が役に立ったらシェアしてね ۶
ふにパン お役立ち情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました