妊婦の体重管理

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、ふにパンです。

今回は妊娠中の体重の変化をお伝えします。

私は、妊娠前、164㎝ 52.5kgでした。

つわりで7kg痩せ、45kgから体重管理が始まりました。

つわりが少し軽減されてからは、好きなものを食べれるだけだべて良いと言われたので、吐きながらも好きなご飯を食べていました。お菓子も食後に食べていました。体重は、1ヶ月で4キロ増えました。その時の検診では、時に注意されませんでした。(妊娠前よりマイナス3.5kg)

とにかく、妊娠前の体重に戻そうと思い、ご飯やお菓子の量は特に気にしないで、食べていました。しかし、1ヶ月後の検診で、とうとう怒られました。その時の体重は52kgでした(妊娠前よりマイナス0.5kg)先生からは、1ヶ月の体重増加は1kgまでと言われ、栄養指導が入りました。また、尿からも糖が検出され、かなり厳しく怒られました。尿の原因は、ジュースだと思います。つわりで水やお茶が飲めず、カフェオレや、オレンジジュースばかり飲んでいました。ジュースはすぐやめるように指導されました。また、ご飯もタンパク質をたくさん取って、糖質を抑えるように指導を受けました。

飲料の見直し

・カフェラテ→純ココアを牛乳とお湯で溶かしたもの

・オレンジジュース→基本ジュースは禁止

・十六茶、麦茶→緑茶のノンカフェインへ

朝ごはんの見直し

・菓子パン→食パンにチーズや卵をのせて、タンパク質を積極的にとる

・加糖ヨーグルト→無糖ヨーグルト(本当は高タンパクなギリシャヨーグルトを勧められた)

朝ごはんは、毎日しっかり食べるように言われました。菓子パンはすぐにやめて、本当は和食が良いと言われましたが、我が家は朝はパンだったので、準備等も大変だったので、食パンでも栄養の取れるように工夫しました。ギリシャヨーグルトを勧められ、スーパーに買いにいきましたが、結構値段が高かったので、続きませんでした。代用として、おからパウダーを入れたり、きな粉を入れて食べました。

昼ごはんの見直し

・週1のランチ→外食は月1回

・週2のパスタ等の麺類→麺類は食べ過ぎるため、気持ち控える

旦那と、週末ランチに行っていましたが、外食は月に1回程度にするように言われました。栄養が偏ったり、炭水化物の取りすぎになる傾向があるからだそうです。また、麺類も同様で、一食の炭水化物の量は、100g以内と言われました。結構少ないです。そのため、ご飯も少なめで食べるようになりました。

夜ご飯の見直し

・お米茶碗1杯→お米なし

・揚げ物→蒸したりして、夜はなるべく野菜は豆腐でお腹を満たす

・食後のデザート→キシリトールガム

体重の増加が怖くなり、夜お米を食べるのをやめました。最初はお腹が減りましたが、野菜たっぷりのスープや味噌汁を飲んだり、サラダ、豆腐、納豆を食べました。食後にいつもデザートを食べていたので、それがなくなるのは、結構辛かったです。味がある、キシリトールのガムを食べて気持ちを落ち着かせていました。案外、味のあるキシリトールで我慢できました。

食事の見直しを行ってからは、妊娠後期に入っても、1ヶ月1キロ増えるくらいで調整することができました。痩せすぎも良くないみたいですが、太り過ぎる方が、出産のリスクが高くなるそうなので、体重管理は、母子の健康を考えるとしっかり向き合わないといけないと思いました。

人それぞれ、管理方法は違うと思いますが、ストレスのかからない程度に、体重の管理を継続しようと思います。

生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
٩ 記事が役に立ったらシェアしてね ۶
ふにパン お役立ち情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました