妊活中にやっていたこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、ふにパンです。

今回は妊活中に行っていたことを紹介したいと思います。

妊活中行っていたこと
  • 基礎体温をつける
  • 体を冷やさないようにする
  • カフェインを取らない
  • 23時までに寝る

①基礎体温をつける

妊活を始めるまで、基礎体温をつけたことがありませんでした。

私は、生理が規則正しくこないタイプで

いつ生理がくるか分からず、ソワソワする時期がありました。

基礎体温を知ることで、生理のタイミングがわかるので

早い段階から基礎体温をつけておくべきだったと思います。

また、排卵のタイミングも把握できるので、妊活を行う上でとても大切です。

基礎体温については、『妊娠した時の基礎体温』に詳細を書きます。

使用していた基礎体温計:シチズン CTEB503L

②体を冷やさないようにする

いわゆる温活を夏も行っていました。

主には、朝は白湯もしくは、ホットミルクを飲んでいました。

また、冷房は27℃に設定していました。

会社など調整できないところでは、膝掛けをして、腰を冷やさないようにしていました。

冬は電気毛布を使っていました。

また、膣を冷やさないことがとても大切です。

これは妊娠してから強く実感しています。

膣を温めるには、布ナプキンがおすすめです。

最初は抵抗がありましたが、手入れもめんどくさいと思いましたが

それ以上に、生理痛が改善されたり、体がとてもポカポカします。

少し値段が高いので、最初は試しに安価のものでいいと思います。

一度試してみる価値があると思います。

使用している布ナプキン:メイドインアース オーガニックコットン布ナプキン

③カフェインを取らない

カフェオレや、紅茶はカフェインレスに変えました。

オススメは

ブレンディ カフェインレスカフェオレ

牛乳屋さんのミルクココア

やさしいデカフェ紅茶です。

西松屋や赤ちゃん本舗に色々な種類のものが売っています。

私の家の近くには、西松屋も赤ちゃん本舗も無かったので

イオンのベビー用品を売っている売り場で購入しました。

④23時までに寝る

 本当は22時までに寝るのが体にいいみたいです。

もし可能な方は、22時就寝をオススメします。

私はフルタイムで仕事をしていたことと

旦那の帰りが遅かったので、23時を目標にして寝ていました。

1年ほど、この生活を行い、赤ちゃんを授かりました。

赤ちゃんを授かった大きな要因はわかりませんが

何か気になること(私の場合、冷え性など)は改善できるように取り組むと、いいのかなと思います。

子供ができなくて悩んだ時期をありましたが

一番はストレスをためず、旦那さんと楽しく過ごすことだと思います。

みなさんの参考になればと思います。

生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
٩ 記事が役に立ったらシェアしてね ۶
ふにパン お役立ち情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました